メラトニンと体温は相互に影響し合っている

メラトニンと体温は、逆の動きをしています。
体温は昼に高くて、夜に低くなります。
高い体温が下がるときに眠くなり、逆に低い体温が上がってくると、目が覚めます。
メラトニンと体温は相互に影響し合いながら、人間を眠らせたり、起こしたりしているのです。
続きを読む

T2の割合が多い人が増えた原因

除菌という言葉が一般的に使われていることからもわかるように、普段の生活で細菌やウイルスが体内に侵入する機会が激減しました。
その結果、T1の活動機会が少なくなったため、T2の割合が多い人が増えています。
これがアレルギーの人が増加している大きな理由だと考えられます。
T2が多いからといって、必ずしもアレルギーを起こすとは限りませんが、そのような体質の方はアレルギーになりやすいので、ストレスや食事、不規則な生活など、体への負担はできる限り避けるようにするべきでしょう。
続きを読む

ダイエットに欠かせないコルチゾール

コルチゾールが大量に分泌されるのは、夜中の3時くらいです。
夜中の3時くらいからコルチゾールが活躍し、蓄えられた脂肪やグリコーゲンをエネルギーに変えることによって、心臓や肝臓を動かし、生命を維持することができます。
つまり、人間は寝ながらにしてダイエットをしているのです。
続きを読む

メラトニンのレベルは夜に高くなる

メラトニンは一般的に夜9時くらいから出始めて、夜11時くらいに眠気を感じるレベルになります。
メラトニンは夜中に高いレベルにあり、朝方になると、眠気を消失するレベルに下がります。
つまり、メラトニンは、昼間はほとんど出ることはなく、夜になると濃度が上がってくるのです。
続きを読む

T2の割合が多いとアレルギーになりやすい

リンパTのT1とT2が正常なバランスであれば問題ありませんが、T2の割合が増加すると、本来体に害を及ぼすとは考えられない物質まで、敵とみなして過剰に働くようになります。
現在、このようなT2の働きが、アレルギーを引き起こす原因だと考えられています。
つまり、T2の割合の多い人が、アレルギーになりやすい人だといえるのです。

アレルナイトプラス※口コミ・効果・最安値価格【楽天・Amazon】
http://shijimi-life.com/allerknight/
続きを読む