ミノキシジルが「発毛・育毛に最強の薬」と言われる理由

ミノキシジルについて説明します。

ミノキシジルは、アメリカのアップジョン社(現ファイザー社)が開発した発毛促進成分です。
AGA(男性型脱毛症)に悩み、発毛・育毛に取り組んでいる人なら、一度は聞いたことがある成分だと思います。

ミノキシジルは、もともとは高血圧患者のための血圧降下剤(降圧剤)として開発された薬品でした。
毛細血管などの血管を拡張させることで、血流をよくし、体全体の血圧を下げる効果がありました。

ところが、ミノキシジルを服用した高血圧患者の多くに、副作用として多毛の症例が見られたため、外用薬(塗り薬)として頭髪に使用する研究が進められることになりました。
毛細血管が拡張することで、頭皮の毛根に栄養分が運ばれやすくなり、毛包や毛母細胞が活性化して発毛・育毛につながると推測されたからです。
そして実際に行った研究の結果、男性の薄毛に対して高い発毛効果がみられたことから、有効な成分であることが確認されました。

ミノキシジルは、塗り薬の成分としては日本でも認可され、1999年に大正製薬から一般用医薬品として「リアップ」という商品が発売されています。
日本皮膚科学会もミノキシジルは高い発毛効果があるとして、フィナステリドと同じ様にAランクの評価をつけています。

このように、ミノキシジルには、血管を拡張して頭皮の血行をよくする効果がありますが、実は、単に血行をよくするだけでは発毛効果はありません。
血行をよくするだけなら、マッサージや温めるだけでも血行はよくなるからです。
それでは、どうしてミノキシジルに効果があるのかというと、頭皮の血行をよくするのと同時に、アデノシンという成分を分泌させるという効果もあったからです。
アデノシンが分泌されると、毛髪を生成する毛乳頭細胞から血管内皮増殖因子(VEGF)や角化細胞増殖因子(KGF)などタンパク質の産生が促されることになります。
VEGFは、血管を新しくつくったり傷ついた血管を修復する働きがあり、KGFは、毛母細胞を増殖させる働きがあるのです。
頭皮には細い毛細血管が縦横無尽に張り巡らされて、毛母細胞に栄養や酸素を供給しています。
ミノキシジルによって血管を新しく生成し、ダメージを受けた血管を修復するため、髪の毛が生えやすい環境になってくるのです。

ミノキシジルと同様に、フィナステリドもAGAの治療に効果を発揮します。
しかし、フィナステリドの場合は、その効果が現れるまでに時間がかかり、髪の伸びる速さからすると6ヵ月は必要です。
これに対し、ミノキシジルは薬効成分を頭皮に直接塗布するので即効性があり、個人差はありますが、3ヵ月ほどで体感できるといわれています。
ただし、頭皮に塗るタイプの育毛剤は、どうしても頭皮への浸透にバラツキが出てしまい、発毛成分が十分に吸収されないという難点があります。
そこで、ミノキシジルを内服薬に配合したもの(ミノキシジルタブレット)であれば、体内に直接発毛成分を入れることで十分に吸収され、高い効果を期待できます。
実際に、インターネット上などでは、その効果に「最強の毛生え薬!」といった驚嘆の声の書き込みを多数見かけることができます。
しかし、ひとつだけ注意があります。
ミノキシジルタブレットは日本では認可されていないということです。
ですから、服用する場合でも、きちんと信頼できる医師の責任のもとで処方されたものを服用する必要があります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする